北欧の暮らしに学ぶ”豊かな暮らし”とは?

エッセイ

今回の記事は、最近読み終わったばかりの書籍から、私が得たエッセンスをお伝えできればと思います。

<ご紹介する本> 北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし

北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし

日本国内でも「北欧」というワードは頻繁に見かけますよね。

雑貨、デザイン、ライフスタイル、家…何かと私たちの心を惹きつける北欧。

著者の桒原さやかさんが、スウェーデン人の旦那様や数年暮らした北欧での暮らしから得た、暮らしを心豊かなものにするエッセンスをまとめた1冊。

そんな北欧の人々の生活を覗いてみると、私たちが憧れる暮らしを作る秘訣が見えてきました。

魅力的な”北欧の暮らし”は人々のたゆまぬ試行錯誤の上にある

日本で暮らす私たちから見ると、北欧の暮らしはとても穏やかで心豊かなイメージがあります。

家の中で家族でゆったり過ごしたり、友人とお茶(フィーカという)を楽しんだり。

また、国の制度も充実している印象で、父親もしっかり育休が取れたり、子供具合が悪い時は在宅勤務ができる…など、特に子育て世代にとって魅力的のようです。

たしかにそれは国の制度や国民性、昔からの文化なども関係しているかもしれません。

ですが、今の北欧の人々の暮らしが成り立っているのは、彼らが「今あるもので心豊かな暮らしをクリエイトするぞ!」と日々試行錯誤をしているからに他なりません。

例えば、冬が長く暗い時期が多い北欧では、家庭でキャンドルを灯すことが習慣になっています。

それも暗くなりがちな家の中で、あたたかい火を灯すことで日常をぽっと彩る工夫の結果だったりします。

厳しい気候の中でも、「どうしたら心地よいかな?」と自分の心に問いかけ、試してみる。

あらゆる場面で、そんな試行錯誤を繰り返した先に、私たちが憧れる北欧の暮らしが築かれているのだと感じました。

この北欧の暮らしだけでなく、自分よりも幸せそうにしている人を見て「いいな、私もそんな人生なら!」なんて思ってしまうことってありますよね。

でもよく考えてみると、そんな人たちだって何かしら問題や悩みに直面したことくらい、自分と同じくらいあってもおかしくないのです。

それでも素敵な人たちは、外からは見えていないところで、試行錯誤や努力をしていることを忘れてはいないと、改めて気付かされました。

まとめ

この本の中には、桒原さんがさまざまなシーンで垣間見た北欧の人たちの暮らしぶりや考え方が、とても丁寧に書かれています。

そして読み終えた時には「自分の日々の暮らしは自分でクリエイトしよう!」という気持ちになれます。

日本と北欧では制度も文化も国民性も違いますが、自分の意識を変えてみるだけで毎日の暮らしがぐんっと心豊かになるはずです。

<ご紹介した本はこちら> 北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし

北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし

最後までお読みいただきありがとうございました!

acoco

コメント

タイトルとURLをコピーしました