「しろいうさぎとくろいうさぎ」に学ぶ、”結婚とは?”〜花嫁さまとの物語〜

ウェディング

最近はウェディングレンタルサービスPageBlancheにまつわるエピソードを綴っています。

今回は“Openして初めての花嫁さま”とのお話です。

はじめて制作したベールは、白藤をモチーフにしたものでした。
鬼滅の刃のヒットのおかげなのか、藤の花についての記事は今でもよく読まれているようです 笑

そんな藤の花には「愛に酔う」という花言葉あり、花が連なって咲くようすから連想された、愛の深まりを表現した言葉だそうです。

ベールに白藤の刺繍をし、花嫁さまのお顔を藤の花が包みこむデザインにしたら、挙式でバージンロードを歩かれる瞬間がより神秘的になる!と思ったのです。

▼白藤ベール制作についてはこちら▼

PageBlancheはじめての花嫁さま

そんなベールを身につけてくださったのが、PageBlancheはじめての花嫁さまでした。

Openまもなくご連絡をいただき、白藤のベールとパンジーのヘッドドレスを選んでくださり、嬉しさで身震いしたことを覚えています。

▼パンジーヘッドドレスはこちら▼

LINEでやり取りをさせていただく中で、とても柔和で穏やかな方なのだろうな、と想像しながらお式当日のベールとヘッドドレスをお手伝いさせていただきました。

私の熱い想いはどうやら花嫁さまにも伝わっていたようで(照)
「acocoさんの結婚式に対する想いが乗り移ったのか、挙式中は泣いてました笑」とのこと…笑

花嫁さまのお式に影響を与えてしまったかもしれないので、ほどほどにせねばと思いつつも、「acocoさんから受けた刺激で何かに挑戦したくなりました」とも言ってくださる、優しい花嫁さまの言葉に救われたりもしました。

お式当日のお写真もいただき、掲載許可いただいているお写真を一部ご紹介させていただきます。

※これらのお写真は、花嫁さまのご好意で掲載許可いただいたモノになりますので、無断転載・転用はお控えいただけますと幸いです※

白藤のベールは存在感があるので、お式の際にはアクセサリーなしでも成り立つデザインとなっています。

またベールダウン時の横顔も少し印象的なデザインです(下記お写真参考)
白藤をお顔にかかる部分にも刺繍をしており、花嫁さまのお顔にあえて藤がかかるようになっています。

より印象的で神秘的な花嫁姿をイメージしています。

そして、ベールの下にはパンジーのヘッドドレスも。

ベールアップした後に、ちらりと見えるヘッドドレス。
なるほど、こういう見せ方もあるのですね!と学ばせていただいた1枚です。

手塩をかけた我が子(ベール)が活躍している姿を見ているような、そんな愛おしい気持ちに…と、また熱くなりそうなので抑えます。笑

▼白藤ベールの詳細はこちら▼

【Veil】Shirafuji
read more...

絵本「しろううさぎとくろいうさぎ」はまさに結婚・愛の物語!

そんな花嫁さま。
ベールを返送いただく際、ギフトを同梱してくださいました。

中にいたのは…可愛いうさぎのクッキー♡

どうやら、お二人の想い出のモチーフが “うさぎ”であるとのこと、これは気になる!
さらにお話を伺うと、素敵な絵本をご紹介してくださいました。

しろいうさぎとくろうさぎ

しろいうさぎ と くろいうさぎ

有名な絵本なので、読んだことのある方もいらっしゃるかと思いますが、恥ずかしながら私は初めて拝読しました。

はい、花嫁さまから聞いてすぐ注文しました笑
この可愛らしい絵本を使って、旦那様がプロポーズされたというエピソードを伺い、どんなお話なんだろう?!と気になってしまって…。

読んでみると、とてもとても愛おしい気持ちになる物語でした。
結婚のなんたるや、なんで結婚をするんだろう?
そのあまりにもシンプルで本質的な答えがここにありました。

▶︎絵本"しろいうさぎくろいうさぎ"はこちら◀︎

花嫁さまとのやり取りで、素敵な絵本に出会うことができました。

個々にやり取りをさせていただくコミュニケーションの仕方だからこそ、ですね。

やはりこういうのが、いいな。

まとめ

私が「いわゆる通販業」で、物のやり取りだけをすることに抵抗があるのは、おそらく商品・サービスとはまた違った面で、何か残るものがあると素敵だなと思っているからだと考えています。

知らなかったことを知れる、分からなかった感情を感じる。

そんな素敵だなと思うお仕事の理想像。思い続けるだけではずっと「理想像」。

こんな理想像に向かって、これからも楽しく試行錯誤をしていこうと改めて思いました。

長くなりましたが、基本こんな感じで熱くお仕事させていただいております。笑

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

acoco

コメント

タイトルとURLをコピーしました